そんなあなたに

猫のおススメのお手入れ方法は?

HOME > 暮ら素 > 猫のおススメのお手入れ方法は?お風呂やシャンプーでのお悩みにはグルーミングホットタブ!

猫にやさしいお手入れ方法

猫にやさしいお手入れ方法


こんにちは。
5匹の愛猫にまみれた日々の元凶、管理人の相棒です。

ところで、皆さん、愛猫のお手入れはどうされてますか?

我が家の猫族は、お風呂やシャンプーが大嫌いで困っていました。

5匹中2匹が断固拒否の姿勢を崩さず(屈辱)。
3匹が大騒ぎのうえ根比べ状態に突入の後、1勝1敗(涙)。

なので、日々のお手入れは、ブラッシングが中心になっていました。

ただ、ブラッシングだけでは猫の細かな被毛やフケ・脂性の問題は解消されません。

お風呂やシャンプーなど、全力で拒否する猫族に何か良い方法ないかなと悩みたどり着いたのが、グルーミングホットタブでした。

これが思いのほかおススメなので、記事にしてみました。
愛猫のお手入れ方法やシャンプー嫌いでお悩みの方に、猫にもやさしいおススメのお手入れ方法をご紹介します。


お風呂を嫌がる?シャンプーが心配?



我が家の猫族は、シャンプーやお風呂が基本全員が大嫌いです。

お風呂場が嫌いだという理由ではありません。
人間の入浴中は、当然の権利のように入場を要求し、お風呂の蓋に乗ってそこで、添い寝ならぬ、添い湯をしてくれます(笑)

嫌いなのは、全身が濡れてしまうこと、シャワーの音や泡立てられている時の違和感、お風呂場に閉じ込められたという恐怖感です。

そして、猫族は、極度の緊張状態になり、お風呂の中で動き回り、閉じ込められたストレスから鳴き出し、唸りだすがパターンです(泣)

お風呂を嫌がる?シャンプーが心配?


こういう時の猫族の団結力は強い。
風呂場の中では、餌食となった猫が騒ぎ、ドアの外では仲間を心配した猫族が何事かと騒ぎ出します。
結局、人間の心が折れて断念し、ワンダフルタッチでのブラッシングで両者手を打つことになります。

ワンダフルタッチでのお手入れは、ムダ毛や抜け毛をとってくれるので、今までのブラッシングに比べ、格段にレベルアップしたのですが....。

我が家の場合は、フケ症と脂性の子がいて、ブラッシングだけではケアしきれず、どうしても、お風呂やシャンプーが必要になります。

ペット用品として売られているシャンプータオルなども利用するのですが、毛深い猫のフケにはどうしても不十分です。

猫の被毛やフケはとても軽く空気中を浮遊し、アレルギーの原因になると言われています。被毛とフケをケアすることで、猫アレルギーの方でも、程度によっては、症状を軽く済ませることができるという事もあるようです。

なのでやはり、ジャブジャブ、ゴシゴシ泡立てて、毛の根元から皮膚を洗浄し、余計なものは洗い流したくなります。

ただ自他ともに認める愛猫家として、どうしても強硬できない理由は、

・過度のストレスを与えたくない(....信頼関係を崩したくない)
・洗浄剤が残ってしまうのが心配(....健康を害する様な要因は作りたくない)

猫をお風呂に入れた後、猫は自分で全身を自分でグルーミングをします。

風呂ギライの猫のストレスを軽減させるため、手早く済まそうと焦ってしまい洗浄剤を流し残してしまうのも心配でした。


お風呂の温度や回数は?シャンプーは?



ところで、猫のお風呂の温度やシャンプーの回数は?


猫のお風呂の回数は、猫の種類や飼育環境により異なります。
短毛と長毛、室内飼いか外へも出しているのかで当然違ってきますよね。

なので、どのくらいの頻度がベストだというようなことはありません。

ただ、全くお風呂に入れなくても大丈夫か?というと、やはり、抜け毛やダニやノミ、フケや汚れが気になる時には、必要になる時があります。

そして、猫は、年齢や体調、排気ガスなど有害物質に晒されることにより、グルーミングができなくなるケースがあるそうです。そういう場合は、綺麗好きな猫の為にも人間が介在してあげる必要がでてきます。

目安として、飼い猫のお風呂の回数や頻度は、短毛種で年に1~2回程度と言われています。長毛種でもプラス1程度。

意外と少ないなと感じますが、犬と違い猫は元来水嫌いと言われていることと、自分でグルーミングするからですね。

さらに、猫の表皮の厚さは、人間の3分の1と言われ、過度な洗浄は皮膚を傷めたり、必要なものまで洗い流してしまう為、トラブルの原因になるとも言われています。


お風呂の温度やシャンプーの回数は?


では、猫をお風呂に入れる場合の

お湯の温度は?どのぐらいが良いのでしょうか。


これも、季節や個体により微調整が必要ですが、目安は35~38度程度。

猫は元々体温が人間より高いうえ、体温調節が苦手な生き物です。

温度設定が低すぎると猫は、お風呂の最中でも震えだします。
逆に温度が高過ぎると、汗をかくことができない猫は口で息を始めます。

不要なストレスを与えないためにも、お風呂に入れる場合は、猫の様子を確認しながら温度を微調整することが重要です。


猫用のシャンプー



一般的に使用される洗浄剤は、猫用シャンプーです。


猫用シャンプーにも、水がいらないだとか低刺激、リンスインなど、色々な種類があり、購入する時には散々悩みますね。

基本的に、猫の肌にも猫自身にもやさしいものをピックアップするのですが、そんな飼い主の心遣いは猫族には通じません(涙)

猫と人間の嗅覚の違いもあり、飼い主的には良い香りだと思えても、猫族には香りがきつくストレスの原因になっているかも知れません。

我が家の愛猫たちは、シャンプー後のタオルドライも全力で拒否します。入浴後の必死のグルーミングを見ると、いくら猫用でも、そんなに舐めても本当に大丈夫なのかと心配にもなります(汗)

タオルドライの後、ドライヤーを使用している方もいらっしゃいますが、我が家では夢のような行為です。


なので、どうしてもシャンプーをしなければならない時は、なるべく、晴れた日の太陽が出ている暖かい時間帯を選んでます。

こうして、我が家では、猫族をお風呂にいれるのは、一大イベントと化してしまいました。

そんな時に、偶然見つけたのが、ペット用の重炭酸イオンの入浴剤 グルーミングホットタブです。



猫にやさしいお手入れにグルーミングホットタブ



重炭酸イオン入浴剤は人間用ももちろんあり、ホットタブがそうです。
ホットタブは、クチコミの評判も良く、実際購入して利用してみましたがとても良い入浴剤でした。体験談はこちら

まずは、人間の欲望を満たすため、ホットタブとシャワーヘッドを購入した結果、これはよいと絶賛。グルーミングホットタブの購入が決定となりました。


ホットタブのペット用入浴剤 グルーミングタブ


猫にやさしいお手入れ方法



グルーミングホットタブは、中性pH、無香料、無着色、無添加のペット用の入浴剤です。

しかも、残留塩素まで除去してくれる優れものです!

シャンプーではないので、猫族が嫌がる泡立てゴシゴシとする必要もなく、そっとお湯に浸かっていただき、そろそろとお湯をかけ流して体全体を洗浄します。

無香料、無着色、無添加なので、一番心配だった洗浄中にお口に入っても、グルーミングして舐めとっても、猫の体にも安全。飼い主も安心。

そして、人間用のホットタブとシャワーヘッドで実証しましたが、これ真冬のシャワーのみでも、シャワー後、体がポカポカするんです。

グルーミングタブは、我が家の猫族の悩みと飼い主の悩みをかなり重要なポイントで解消してくれました。

まず、嫌なシャワー音やシャンプーの時間がなく、今までのお風呂に比べ、ストレスが軽減されるので、我慢の限界点でなんとか堪えてくれるようになりました。

猫族のストレスが減った♪


  • 怖いシャワー音がなくなった
  • お風呂タイムを短縮できる
  • 配合成分の心配が無い
  • お湯だけで汚れが落ちる
  • 猫のストレスになる香りがない
  • 洗浄剤が残留しない
  • 毛艶や毛並みが良くなる

さらに♪


  • 血行を促進してくれる
  • 温まり、リラックス効果がある

グルーミングホットタブが何故こんなに良いのかというと、

重曹とクエン酸と炭酸ガスの組み合わせで、高濃度の重炭酸イオンとなってお湯にとどまる重炭酸湯の入浴剤だからです。

そして、クエン酸と重炭酸イオンにより、毛穴の汚れやニオイの元となるミネラル汚れを洗い流す自然洗浄力があるからです。


・ペット用グルーミングホットタブ




猫のおススメのお手入れ方法まとめ



ペット用の入浴剤は目からウロコでした。
しかも、フケやニオイの元を洗浄でき、安心安全で一番重要な猫のストレスが軽減できる^^

洗浄剤の配合成分を心配することなく、流し残しの心配も不要。

猫の立場で考えるならば、シャワーだと耳慣れない音とともに背後から突然衝撃と共に濡らされることで恐怖感に晒され、極度に緊張してしまいます。

グルーミングホットタブの入浴スタイルなら、お湯に足からゆっくり入れることで、猫からも見え、足から温まるので緊張も解けやすいです。

お湯に浸かり落ち着いている状態で、そろそろと暖かいお湯の中で、毛を泳がすように奥まで洗浄することでびっくりするほど脂性とフケ症のお手入れができました。

我が家の猫族はシャワー音が苦手なのでお湯に浸かるスタイルでの利用ですが、シャワーがOKな猫ちゃんなら、シャワーヘッドの利用もおススメです。

入浴後のグルーミングは変わりませんが、グルーミングホットタブで体が温まっているのか、リラックスタイムに入り落ち着くのもいつもより早く感じます。

もし、愛猫のシャンプーやお手入れ方法でお悩みなら、グルーミングホットタブを試してみてください。愛猫の健康管理にも、おススメのペット用の入浴剤です。




暮ら素(クラス)

カテゴリー

あなたの悩みや問題の解決に、あなたの知りたいに応えたい、そんな想いの詰まったサイトです。


ガイダンス

ページのトップへ戻る