そんなあなたに

テプコ(TEPCO)スマートホーム

HOME > 暮ら素 > 独り暮らしの親を監視カメラなしで見守る方法

テプコスマートホーム 遠くても安心プラン

TEPCO高齢者見守りサービス

こちら 高齢者一人暮らし見守りサービス

カメラではなく、電気の使用状況をスマホで確認することで、無事に生活出来ているかの確認が可能になるサービスです。
お互い気兼ねすることなく、見守れてオススメのサービスとなっています。

高齢者見守りサービスとは?



高齢者のひとり暮らしでは、近所付き合いや助け合いのできているうちは問題ないのですが、歳を重ねるごとに人付き合いも薄くなり、親戚とも疎遠になりがちです。
日本人の2人に1人は認知症になるといわれていて、高齢化が進む現代では社会から孤立してしまうかたが少なくありません。

それでも、子供達に対する気兼ねや、慣れ親しんだ地への想いから一人暮らしを選ぶ方が多くいらっしゃるのも事実です。
高齢者の一人暮らしは、「孤独死」「孤独による犯罪」「振り込め詐欺」「認知症の進行」など、不安材料を挙げればキリがありません。

そこで、現在さまざまな高齢者見守りサービスが登場し、注目されてきています。

一般的には、「センサー型」、「カメラ型」、ほか「訪問型」「ロボット会話型」などがあります。

カメラ型は、プライバシーの問題もある為、敬遠されがちですが、双方が気兼ねする事のない「センサー型」や「光熱使用確認型」が人気となっています。


テプコ(TEPCO)スマートホーム



テプコスマートホームは?
高齢者見守りサービスの「光熱使用確認型」になります。


メリットは?
1. 「カメラ」ではなく、電気の使用状況でご家族を見守れます。
2. 「1つ」ではなく「8つ」の電化製品を読み取り、より精度の高い「暮らしぶり」が確認できます。
3. いつもと様子が違うときには、アラート通知メールがリアルタイムで届きます。
4. もしものときは、無料でスタッフをご家族のご自宅まで訪問させることができます

見守るほうも見守られるほうも気兼ねなく、安心して利用できるサービスとなっています。



テプコ(TEPCO)スマートホーム動画案内



「見守る側」も「見守られる側」も2分弱の短い動画です。
分かりやすいので興味のある方はぜひ視聴されてみてください。


TEPCO 東京電力エナジーパートナー公式チャンネル
見守る側(契約者)




見守られる側(高齢者)





TEPCOスマートホームまとめ




遠くても安心プランは違う心配を生み出さない


筆者にも車で1時間の距離に高齢の母がいたのですが、見守りサービスを検討する以前に兄の近くで暮らす事になりました。
兄は東京なので、高齢になった母が都会の生活に馴染むのか逆に心配だったりもします。

遠くても安心プランのような、見守りサービスなら、無理に環境を変える事なく、そっと見守れるので双方が安心です。
一度ご家族で検討されてみてはいかがでしょうか。

公式サイトへ行く






暮ら素(クラス)

カテゴリー

あなたの悩みや問題の解決に、あなたの知りたいに応えたい、そんな想いの詰まったサイトです。


ガイダンス

ページのトップへ戻る