そんなあなたに

葬儀・葬式の後

HOME > 孫の手 > 葬儀・葬式 > 葬儀・葬式の後

葬儀・葬式の後


【葬儀・葬式の後】の流れは?遺族がすることや知っておいた方がいいこと


葬式が無事に終わり一安心としたい所ですが、遺族には、その後があります。
葬儀・葬式の後の流れを簡単にまとめておきます。


葬儀・葬式の後の流れ



お葬式後の最初の目安は、四十九日法要(神式は五十日祭)です。

POINT 四十九日法要は、亡くなってから49日目に行う法要のことで、読経、焼香、会食など行います。

四十九日には、忌明けという意味もあり、故人の魂が家を離れ、遺族が喪に服す期間が終わる日をさします。

その為、四十九日に納骨法要をし、納骨や埋葬するのが一般的となっています。

また、四十九日をひと区切りと考え、香典袋の表書きも
四十九日法要までは、ご霊前
四十九日法要後は、御仏前(御佛前)と変わります。


この四十九日法要を目処に、遺族が行うこととして
・お礼状
・香典返し
の手配などがあります。

また、遺族としては、この四十九日法要を目安に、位牌や仏壇の購入、形見分けなどを行います。

また、遺族は、各種機関への届け出や手続きが必要です。



亡くなられた年には、喪中はがきの準備も必要となります。


四十九日法要(神式は五十日祭)の後は、仏式か神式で異なりますが
仏式だと、百か日、初盆、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌…と続きます。

三十三回忌を弔い上げとして終了とするケースが多いようですが、法要を何回忌までを行うかは特に決まりはありません。




孫の手(マゴノテ)

カテゴリー

あなたの悩みや問題の解決に、あなたの知りたいに応えたい、そんな想いの詰まったサイトです。


ガイダンス

ページのトップへ戻る