そんなあなたに

葬儀・葬式の前

HOME > 孫の手 > 葬儀・葬式 > 葬儀・葬式の前

葬儀・葬式の前


【葬儀・葬式の前】の準備や用意、遺族として知っておきたい流れや知識は?


葬儀や葬式は、宗教や故人や遺族の希望などで異なりますが
葬儀や葬式を執り行うまでの喪主や遺族としての大まかな流れを簡単にまとめています。


葬儀・葬式の前の流れ



葬儀・葬式の前の流れ



どこで亡くなられても遺体の搬送が必要になります。
どこに搬送するのか?自宅なのか安置施設なのかなど、決めなくてはならないことがたくさんでてきます。

事前に、決めていた葬儀社があればよいですが、予算や規模、葬儀内容など、見積もりや契約書の料金や内容を確認し、納得できる葬儀社をなるべく早い段階で決めましょう。

病院や施設などで亡くなられた場合、提携している葬儀社を紹介される場合がありますが、お断りすることは非礼にはあたりません。


葬儀社は、プロとしてアドバイスや段取りよく手配してくれ、わからないことも相談できるので遺族の負担の軽減にも繋がります。


葬儀内容や料金の見積もりなどわからず、葬儀社をすぐに決められない場合、遺体搬送だけでもお願いができるので落ち着いて対応しましょう。

遺体を搬送する際は、死亡診断書の携帯が義務付けられています。
事故などで警察に搬送された場合は、死体検案書が必要になります。
出発する前に忘れずに受け取りましょう。


POINT 死亡届にも死亡診断書の提出が必要です。
死亡届は、死亡日を含め7日以内と決められています。
また、火葬をする際には火葬場への提出が必要な火葬許可証は、死亡届が受理されると交付されます。


搬送先が決まったら、病院や施設などへのお礼や精算、私物の引き取りなどを行います。


搬送先についたら、遺体を北枕で安置し、枕元に枕飾り(香炉、燭台、花立てなど)を準備します。

その後、遺体に湯灌や死化粧をし、白装束に着替えさせ、納棺、そして通夜となります。
この間の流れも、葬儀社が決まっていればサポートしてくれます。


葬儀や葬式が始まってしまうと、参列者への対応や時間に追われてしまうので、この間は、遺族にとってゆっくりとお別れをする時間になりますが
一方で、遺族はこの間に葬儀や葬式の準備や詳細など、一度にたくさん決めなくてはならないことがでてきます。


遺族が準備すること・決めなくてはならないこと

・親類縁者への連絡
・遺影を決める
・故人の信仰や宗教や宗派を確かめる
・葬儀・葬式の日程を決める
・葬儀内容や形式を決める

信仰や宗派に則った葬儀を行う場合は、お寺などに依頼、戒名、僧侶と打合せやお布施の準備なども必要になります。


この他にも遺族は、訃報を聞きつけて駆けつけてくれる親類縁者への対応など、一時の間に目まぐるしく様々な対応に追われることになります。


身内にこういったことに詳しい方がいらっしゃる場合、助言を受けながら進めることができすが、そういった方がいらっしゃらない場合でも、葬儀社がサポートしてくれます。
ただ、少しでも頭に入れておくことで落ち着いて対応できます。


亡くなられてから通夜までの流れをざっくりとご紹介しましたが、宗派や葬儀社などの考え方により前後したり、相違がある場合があります。
また、その土地の習慣や作法などでも異なる場合があるので、親族の年長者や葬儀社に確認をしながら故人や遺族にとって納得のいく形にしましょう。




孫の手(マゴノテ)

カテゴリー

あなたの悩みや問題の解決に、あなたの知りたいに応えたい、そんな想いの詰まったサイトです。


ガイダンス

ページのトップへ戻る