そんなあなたに

葬儀・葬式の流れ

HOME > 孫の手 > 葬儀・葬式 > 葬儀・葬式の流れ

葬儀・葬式の流れ


【葬儀・葬式の流れ】遺族になった際に知っておきたいこと


一般的な葬式の流れは、通夜から葬儀・告別式の2日間です。
通夜と葬儀・告別式の2日間に分けて簡単な流れを順をおってまとめておきます。


通夜の流れ



遺族が先に葬儀会場に到着し、通夜式の段取りの確認や受付など、参列者を迎えるための準備を行います。
芳名帳や香典の受取、会葬礼状や供物、供花などの確認が必要です。

POINT 受付開始

喪主や遺族は、式開始前の着席まで、参列者の対応に追われます。

その後は、葬儀の担当者が打ち合わせ通りに

・開式
・読経
・焼香
・閉式

と、進行してくれます。

喪主や遺族は、閉式後参列者への挨拶と通夜振る舞いの案内をします。

・通夜振る舞い
親族やお世話になった方などに参加をお願いします。


通夜振る舞い終了で、1に目の通夜は終了します。
喪主や遺族は、葬儀の担当者と翌日の確認をしておきましょう。


式自体の段取りや進行は葬儀社のサポートがあるのでお任せできますが
参列者へのご挨拶や通夜振る舞いは、喪主や遺族が細かな部分に目を配る必要があるので最後まで気を抜けません。



葬儀・告別式の流れ



遺族が先に葬儀会場に到着し、受付の準備、会葬礼状や会葬御礼品、弔辞や弔電の確認や順番など、葬儀・告別式の最終的な確認をしておきます。

POINT 受付開始

葬儀は、司会者の案内で進行します。

・開式
・読経
・弔辞
・弔電
・焼香
・閉式

司会者の閉式の宣言の後、出棺の準備を行います。

故人を生花で飾り、最後のお別れをし、棺に蓋をしてくぎ打ちをします。

・出棺

その後、火葬場へ移動。

・火葬
・骨上げ
・還骨法要、初七日法要
・精進落とし

精進落としが最後の儀式です。

その後、芳名帳や香典帳、香典、弔辞・弔電、領収書など受け取り、葬儀費用を支払えば、通夜・葬儀・告別式の喪主や遺族としての仕事が終了です。


通夜・葬儀・告別式の一般的な流れをザックリとご紹介しましたが
上記の流れの裏で、喪主や遺族は、身内を無くしたばかりでも親類縁者や参列者に対して目配り・心配り、準備が必要な部分があります。

喪主や遺族の負担を軽減するためにも、葬儀内容や儀式の部分は、葬儀社などのサポートを受け、少しでも不安を取り除きましょう。




孫の手(マゴノテ)

カテゴリー

あなたの悩みや問題の解決に、あなたの知りたいに応えたい、そんな想いの詰まったサイトです。


ガイダンス

ページのトップへ戻る