そんなあなたに

葬儀・葬式の種類

HOME > 孫の手 > 葬儀・葬式 > 種類は?

葬儀・葬式の種類


【葬儀・葬式の種類】故人を弔うスタイルにはどのようなものがあるかご紹介


葬儀や葬式の種類を理解しておくと、いざという時に故人の生前の希望を取り入れることができます。

また、最近では終活の1つとして、生前に自分の葬儀場や葬儀方法、埋葬場所など意思表示している方もいらっしゃいます。

そんな葬儀・葬式の種類を簡単にまとめてみました。


一般葬



一般葬



一般葬とは、従来のしきたりや習慣に則り、儀礼を重んじたお葬式です。

参列者を幅広く受け入れるスタイルで、故人と縁のあった会社関係や学友、友人や知人など、多くの方と故人を偲びます。

一度に多くの方に参列していただくので、葬儀後の個別弔問が軽減できる一方で、葬儀の準備や参列者への連絡や対応で忙しく、葬儀当日の負担も予想されます。


家族葬



家族葬



家族葬とは、家族や親族などの近親者や故人と親しかった友人・知人で行う小規模なお葬式です。

ただし、参列者の範囲の決まりはなく、一般的な葬儀の流れと変わりありません。

小規模でも近親者やごく親しい友人で心を込めて見送れる一方、費用の負担や葬儀に参列したかった方と意志疎通が大切です。


自宅葬



自宅葬



自宅葬とは、故人の自宅で行うお葬式です。

故人が慣れ親しんだ自宅でゆっくり見送ることができ、葬儀の流れも一般的な流れと変わりありません。

自宅葬は、自分で用意する方法と、葬儀社に依頼する方法の2つがあります。
また、自宅に祭壇や棺を配置するので片付けや用意が大変なのと、弔問客が出入りすることから駐車場の確保や近隣への配慮が必要です。


一日葬



一日葬



一日葬とは、通夜を行わず、儀式・告別式から出棺、火葬を1日で執り行うお葬式です。

一日葬といっても、通夜を行わないだけで、その後の流れは一般葬と変わりません。

通常は2日かかるお葬式を1日で済ませられるので、親族や弔問客の負担や費用の軽減ができる一方、参列できない方が出る場合があります。


密葬



密葬



密葬とは、遺族や親族が中心となり、告知はせず参列者を求めないで密やかに行うお葬式です。

著名人などのケースから、密葬後に本葬もしくはお別れ会が催されるイメージがありますが、必ずしも"密葬+本葬・お別れ会"がセットではないようで、ケースバイケースのようです。

家族葬と混同しがちですが、密葬と家族葬は異なります。


直葬



直葬



直葬(ちょくそう)とは、通夜や告別式などの儀式を一切行わず、遺体を直接火葬場に運び、火葬のみを行うお葬式です。

直葬を選ぶ理由は様々ですが、家族や親族などで行われます。

葬儀を行わないので費用を大幅に抑えらる反面、納骨の際にトラブルになるケースがあるので菩提寺などに事前に相談が必要でもあります。


自由葬



自由葬



自由葬とは、特定の宗教の儀式や作法とらわれずに自由に故人を送るお葬式です。

ルールや形式はないので、故人らしさを出せる見送り方の1つですが、企画や段取りなどが必要です。

よく知られる自由葬には、音楽葬や自然葬、散骨などがあります。


生前葬



生前葬



生前葬とは、生きているうちに自分自身で行うお葬式です。

お世話になった方にお別れや感謝を直接伝えて区切りをつけられ、死後の家族の負担を減らせます。

ただ、実際の死に際して家族や親族の理解や話し合いが必要です。


お別れの会



お別れの会



お別れの会(偲ぶ会)とは、お葬式とは別に、後日故人を偲びお別れをする会です。

決まったスタイルはなく、故人と別れをしたいという人が参列します。

著名人などが行うイメージがありますが、家族葬や密葬後に縁のあった方々に感謝を伝えたり気持ちを整理する場として開かれます。


社葬・合同葬



社葬・合同葬



社葬とは、遺族で密葬を行った後に、企業や団体が施主となり費用負担し本葬を行うお葬式です。

合同葬とは、企業や団体と遺族が合同で費用負担し、通夜、葬儀・告別式を執り行うお葬式です。




孫の手(マゴノテ)

カテゴリー

あなたの悩みや問題の解決に、あなたの知りたいに応えたい、そんな想いの詰まったサイトです。


ガイダンス

ページのトップへ戻る